’05 Bonne Année 

2003・4月〜7月までの提案販売をしました。
  健康的なのはWhy?
  受け継がれているのはwhy?
  どのように食べますか?
   (Americaでは?日本では?)
 お蔭でいろいろとと勉強いたしました。
 いつか、NYで、Americaで
   いろいろと確かめて見たいですね!!
   牧場のパンにピッタリ!!らしい。

2002年〜Bagel教室を開いています。
短時間で出来上がりますが、いくつかのポイント
があります。沢山の生徒の皆様も一生けんめいその
ポイントを覚えました。
噛みしめるといいお味があり、きちんとボイルをして
輪(リング)の形におさめますよ。

忙しいNewyorkでは気持は輪になっているのでしょうが、
丁寧にしていたのでは製造が間に合わないのかな?(知りたいことの1つです)
輪になってなくたって、温い!出来たて!お腹がいっぱいで健康食!
クリーミーなたっぷりのチーズ、サーモン・・・最高!!食べながら歩こうぜ!!
といった具合でしょうか?(最も形としては馬の鐙ということらしいですから・・・

プレーン、黒胡麻、シナモン&レーズン
チョコチップ、四万十川青のり入り

Bagelサンド
 &いんげん豆のクリーム煮

昨年、某店より、系列会社の新事業でベーグル
を出したいという企画のための試作品ベーグルを
10数種類くらい(基本ができれば幾変化にも)制作いたしました。結局、NY直輸入のH&H社を採用
   (提供が手軽であること、本場のもの、有名等)
私のベーグルの味に似た食後感がありました。
珍しくベーグル自体に味があったのです。
今後、サンドの内容、お品揃え等研究なさってご発展
を願っています。

3%の砂糖液、90℃で両面約1分ボイル。
これで、澱粉質がL化する。つまり、消化作用のエネルギーが減るらしい。
内層がみっちり。よく噛む。唾液とともに味わいが増す。
Petits Pains de CHIHARU
Et cetera(2).

よりお申し込みできます

私の大好きなBagel

(1)

NYのBagelが届きました
'大好きなBagelクラスご案内